空中散歩!「三島スカイウォーク」へ

Bromy, オススメスポット, 絶景スポット, 観光スポット




こんにちは

Fujiです!!!

 

 

今回ご紹介させて頂くオススメスポットは

箱根を越えた先の静岡県三島市にある

 

『三島スカイウォーク』

 

についてです!

 




 

到着までは海を眺めるドライブコース!

 

 

早速「三島スカイウォーク」について

書きたいところですが、

車好きの我らとしては、

 

 

到着までの道中もドライブコースとして

とても楽しいものでした!!!

 

 

三島スカイウォーク

 

 

今回の「三島スカイウォーク」までの

ドライブコースはこの画像の感じです。

 

 

まずは、僕らの拠点

湘南の「国道134号線」沿いから

西湘バイパスを通り、

箱根に向かいます!

 

三島スカイウォーク

 

 

この写真は

西湘バイパスを上から撮った写真ですが、

 

 

本当に西湘バイパスの眺めは美しく、

 

青い海

青い空

 

を感じながら爽快に走れるという点が

とても魅力的です。

 

まあ、比較的空いているので

景色を楽しみながらゆったり走れます。

 

 

そうして快適なドライブを楽しみつつ

箱根ターンパイクや

前回ご紹介した

「伊豆スカイライン」を横目に

三島スカイウォークへどんどん進みます!

 

 

 

先ほどのコースの写真を

見て頂くとわかるのですが、

ほぼずーっと直進なので

疲れることなくあっという間に到着しました!

 

時間としては、

1時間30分ほどで

通った有料道は

「西湘バイパス」だけなので

大磯本線→箱根口ICで

『260円』でした。

 




空中散歩が楽しめる日本一長い歩行者専用吊橋!

 

江ノ島から2時間もかからずに

到着することができた

この「三島スカイウォーク」

 

何かと言うと、

 

「日本一長い歩行者専用吊橋」

 

です。

 

 

 

この吊橋の正式名称は

 

『箱根西麓・三島大吊橋』

 

という名称なのですが、

 

誰もが「呼びやすく・親しみやすく」

とういうことで、

多数の応募の中から

地名である「三島」と

「まるで空を歩いているような感覚」

ということで

『三島スカイウォーク』

採用されたそうです。

 

 

富士山や駿河湾・伊豆の山並みなどを

橋の上から一望できる絶景スポットでもありとても有名です。




駐車場は無料!アメ車も安心の広さ!

 

景色を楽しみながら

到着した「三島スカイウォーク」ですが、

 

 

「駐車場はどこにあるの?」

 

「駐車料金はいくらかかるの?」

 

とクルマで来る際に気になるポイントですが

 

まず、駐車料金は「無料」です。

 

観光先でご飯なども

楽しみたい僕にとっては、

駐車料金が無料というのは非常に良い点です。

 

 

そして肝心な駐車場の場所は

ナビやスマホのマップで

 

「三島スカイウォーク」

「〒411-0012 静岡県三島市笹原新田313」

 

といった名称や住所検索で

目的地設定をしたところに向かえば

「三島スカイウォーク」の

大きな看板が見えて来るので

そこから駐車場の場所の指示のまま入れば

到着します。

 

 

三島スカイウォーク

 

三島スカイウォーク

 

 

「カマロ」を駐めると

 

こんな写真の感じになります。
※カマロ右後ろに見えているのが先ほどの述べた大きな看板

 

この無料の駐車場は

とてもとても広いため

アメ車の大きさでも

のびのび駐車できるので

安心して駐められます。

 




施設内には三島の食材を堪能できるレストランも

 

 

到着してまずは腹ごしらえです。

 

地元「三島」の食材にこだわった

食事が楽しめるレストラン

「森のキッチン」にて

昼食をとりました。

 

こちらの「森のキッチン」

カレーがメインメニューになっており、

 

 

三島スカイウォーク

 

 

豚肉もゴロッと大きく、

その上柔らかくほぐれる食感は

とてもおいしかったです。

 

ちなみに

辛口と甘口があります。

 

僕は辛口を選びましたが

これがなかなかピリッとして

辛さに特別強いわけでも特別弱いわけでもないですが、

軽く汗ばみました。笑

 

 

甘口も頂きましたが、

口当たりが優しく食べやすかったです。

 

 

ボリュームは普通で、

一般的な男性であれば

「食べたな」と

感じられるほどの量はあります。

 

ランチ時はドリンクをつけられて

カレーを食べる上では優しいサービスでした。笑

 




遮るものは何もなし。床面はメッシュに!

 

 

腹ごしらえを終えて、

いざ日本一長い吊橋へ!!

 

まずは、入場券を購入します。

 

ゲート左手の

チケットブースで

入場券を購入して吊橋へ向かいます。

 

料金(往復渡橋)

  • 大人  ¥1,000
  • 中高生 ¥500
  • 小学生 ¥200

※幼児は無料です

 

そして、

ながーーーーーーい吊橋の前には

MISHIMA SKYWALKのシンボルが!

 

 

三島スカイウォーク

 

 

 

それでは

全長400mの

「三島スカイウォーク」

足を踏み入れます!

 

 

三島スカイウォーク

 

 

床面は「メッシュ加工」になっていて

景色を存分に楽しめますが

結構ソワっとします。笑

 

 

足を踏み入れてすぐは、

それほど風も強くなかったのですが

進んで行くに連れて

徐々に強くなっていきました。

 

 

空気も澄んでおり、心が澄み渡るかのような

大自然の青色と空気が迎えてくれました。

 

 

三島スカイウォーク

 

三島スカイウォーク

 

 

とは言いつつも

僕が訪れたのは都心でも

雪が降る1月だったので、

 

 

そんな強烈な冷たい風は

僕の耳を襲撃してきて、

渡り終わったときには

鼓膜が痛くなった感覚になったのには

驚きました。笑

 

帰り道も

もちろんその吊橋を渡るわけで

耳を保護しながら渡りました。

 

三島スカイウォーク
※橋を渡りきった折り返し地点の展望台から
ですが、

本当に僕は楽しくて気分が高揚しました!!

 

高所での強風と最高の眺めを

同時に体感して

バンジージャンプでをしているような

気持ちになりました!!!

 

 

三島スカイウォーク

 

 

写真では

カメラの方を向いていますが

吊り橋の柵?から身を乗り出して

大自然のほうに体を向けて、

両手を広げ全身で風を浴びるのが

最高に気持ちよかったです!!

 

 

富士山も眺めることができ、

遮るものが何もないこの絶景は、

まさにここだけでしか味わえない

景色といったところでしょう。

 

帰りも箱根の山を越えるような

コースで帰ってきたのでカマロ越しの

芦ノ湖は美しかったです!

 

 

三島スカイウォーク



まとめ

 

今回ご紹介した「三島スカイウォーク」は、

行くまでのドライブコースも楽しく、

到着してからも最高の絶景と爽快感を味わえます。

 

今回は明るい時間に訪れたのですが、

夕日も絶対に綺麗に見えると思います。

 

ただ本当に冬の風は冷たく強風だと冷たさは5割増しなので、

防寒対策はしっかりとして行くことをオススメします。

 

大自然の色合いを楽しめる絶景スポット

「三島スカイウォーク」

是非、訪れてみてはいかがてしょうか!

 

三島スカイウォーク HP

今回のアクセス・ドライブコース

 

それでは!!!

よろしければ【Br∞my_SHONAN】の

 InstagramYoutube も合わせてご覧くださいませ!!!