「NDロードスター」〜内装編①〜

2018年2月15日Bromy, Car, ロードスター, 車紹介

 




 

 

こんにちは

Kazumaです!!!

 

今回は前回ご紹介した

Yoshikiのロードスターの

「内装」編です。

 

 

ロードスター

 




 

先代の魂を受け継ぐメーター等デザイン!!

 

 

前回の記事でもご紹介しましたが

ND型は過去最大車幅になりました。

 

運転席に乗り込むと

 

まずはメーター類から!

 

 

ロードスター

 

 

センターに「タコメーター」

配置されていてます。

 

個人的にこのセンタータコメーター

シフトタイミングランプなどにも

一時期憧れていました。

(レースカーっぽいので笑)

 

 

他の車種で

センタータコメーターの車体は

パッと思い浮かぶのは、

一部の「インプレッサ」や

「ポルシェ」などですね。

 

 

 

ロードスターのメーターは

3連メーターで

 

 

 

ロードスター

 

 

右から

 

「スピードメーター」

「タコメーター」

「水温計+燃料計」

 

に分かれています。

 

 

写真からもわかるように、

スピードメーターは

200km/h」まで表示があります。

 

 

そして現行のND型から

センターに配置されるようになったタコメーター。

 

 

お気付きの方もいると思いますが、

 

「スピードメーター」、

「タコメーター」共に

ゼロのところで垂直に

下を指すようにデザインされています。

 

これはNBやNCでも

このようなデザインでした!!!

 

 

 

ロードスター

 

 

そして左側は

 

 

ロードスター

 

 

 

「水温計と燃料計」

「外気温」

が常時表示されています。

 

「走行可能距離」と表示されている部分には

手元のハンドルで表示切替が可能で、

 

「走行可能距離」

「平均燃費」

「瞬間燃費」

「平均車速」

 

の4項目が表示切替可能です。

 

 

こちらの手元の

「INFOボタン」

で表示変更ができます。

 

 

ロードスター

 

ロードスター

 

NAやNBのステアリングには

ホーンボタン以外何もなかったです。

 

 

しかし、

現行のND型のステアリングには

手元で操作できるボタンが付いています。

 

(先代のNC型もモデルによって

ステアリングにボタンはありしました。)

 

 

ステアリングは

「直径366mmの3スポーク丸型」です。

 

 

ボタンの位置も

運転時に邪魔にならないよう

若干中心に配置されているそうです。

 

 




 

ATでオープンスポーツを心置きなく楽しむ!

 

 

お次はシフトレバーです!

Yoshikiの

ロードスターはATなので

今回はATのシフトレバーの紹介です。

 

 

ロードスター

 

 

ND型では

AT.MT共にこの球型を採用して

握りやすやを高めています。

 

やはり握りやすさで言ったら球型ですよね!

 

レバー自体には

レザーが巻かれていて

内装との一体感も出ているところが

とてもいいですね♪

 

と、ATのシフトレバーを紹介していましたが

実は、Yoshikiは2ヶ月間ほど

MTのロードスターを所有していました。

 

 

ロードスター

 

 

なので、その時の

MT車の内装やシフトノブの写真です。

 

MTのシフトノブのほうが

丸みを帯びています。

 

ショートストロークで

シフトの入り具合がなんとも気持ちがよく

ギアを入れ替えるのが

何も苦ではなかったです。

 

ですが、

結局ATのハイエンドモデルに乗り換えました。

 

というのもMTが面倒臭いなどではなく

オープンスポーツを心から本気で楽しむために

ATのハイエンドモデルを選択しました。

 

あの最高なオープンドライブを

2ペダルで気楽にドライブを楽しめることは

山でも海に行っても景色を邪魔をすることなく

五感で楽しめるのでこの選択に間違いはありませんでした。

 

Yoshikiの場合は

どちらも乗っていたので、

自分のニーズに合ったものを手にしたんですね。

 

 

そして

シフトレバーの手前側に

スイッチが配置されています。

 

 

ロードスター

 

 

こちらのボタンで

「SPORT」モードに変更できます。

このモードにすると

出力特性が変わったり、

変速スピードなども変わり

よりスポーティーに走りやすくしてくれます。

 

 

伊豆スカイラインや道志みちなどで

「SPORT」モードにすれば気持ちよく走れそうですね!

スポーツモードや通常モードでの燃費も気になるところなので、

今度Yoshikiにレポートしてもらいましょう。

 

 

最後はコンパネです!

 

 

ロードスター

 

無駄なものはなく

洗練されたデザインです。

3つのダイヤルは

空調系の調整をする事ができます。

 

 

そのダイヤルの下には、

 

 

ロードスター

 

 

 

シートヒーターのボタンがあり、

3段階でシートの温度調整ができます。

 

エアコンも手元に温風が当たる作りなので

シートヒーターを併用すれば

より快適に冬場でも

オープンで走ることもできます!

 

冬の静かな湘南の海岸を

オープンにして流すのもいいかと思いますよ♪

 

 

ロードスター

 

 

 

それでは!!!

 

よろしければ【Br∞my_SHONAN】の

 InstagramYoutube も合わせてご覧くださいませ!!!

 

bromyshonan