「Apple Car Play」接続方法

2018年2月15日Bromy Works

 



 

Yoshikiです!!!

 

今回は、

前回の記事↓

 

 

でご紹介させて頂いた

次世代型機能を持つ

 

「Apple Car Play」

 

の接続方法について

説明させていただきます!!!

 

 

CarPlay

 

 




 

設定はLightningケーブルだけで出来ちゃう⁉︎

 

 

現代では様々な

電化製品などが出てきて

特に「スマートフォン(iPhone)」が

大変便利に進化したと思います。

 

そんな身近でありながら

最先端のテクノロジーを持つ

「スマートフォン(iPhone)」と

リンクして使用できる

 

「Apple Car Play」

は文明の利器であること間違いなしです。

 

そんな「Apple Car Play」ですが

 

肝心なのは

 

『「接続方法」ってどうなの?』

 

という点ですよね。

 

最近のカーナビであっても

「Bluetooth」という機能が搭載されていて

接続するとワイアレスで音楽を楽しむことが可能になります。

 

ですが接続方法がよくわからない場合が多かったり

車両が完全に停車している状態(Pレンジサイドレバーアップ)

出ないと接続の設定ができなかったりと

不便を感じることが多々あります。

 

 

 

ご安心ください。

 

 

「Apple Car Play」はとても簡単です。

 

 

 

まず「iPhone」の

「Bluetooth」をオンにします。

 

CarPlay

 

 

 

そして、

iPhoneに「Lightningケーブル」

差し込みます。

 

 

カマロ
※左手に持っているのが「Lightningケーブル」、右手には「iPhoneX」
上の「iPhone」に

 

 

「Lightningケーブル」を差し込む前は

ディスプレイ上では、

 

 

カマロ
※上段右から2番目が「投射」

 

 

「投射」

という表示になっています。

 

 

そこで

「iPhone」に

「Lightningケーブル」を差し込むと

 

 

カマロ

 

            ↓↓ ↓↓

 

カマロ

 

 

接続してすぐに、

iPhone画面上に

「CarPlay」という文字と

ロゴマークが浮かび上がります。

 

 

接続後、

ディスプレイを見てみると

 

 

カマロ
※上段右から2番目が「CarPlay」

 

 

先ほどまで「投射」と書かれていたところが

「CarPlay」

という表示に変わりました。

 

これでiPhoneと

「Apple Car Play」への

接続は完了です!!!

 

〜「CarPlay」接続手順の振り返り〜

1.iPhoneの「Bluetooth」オンにします。

2.iPhone を「Lightningケーブル」に接続します。

※この時ケーブルは 「CarPlay USB ポート」から給電してください。
CarPlay アイコンなどが付いている場合があります。

3.iPhone画面上に「CarPlay」のロゴが表示されていることを確認します。

4.車両ディスプレイの「投射」が「CarPlay」に表示が切り替わったことを確認します。

 

 

まとめ

 

電子機器が苦手という方や

助手席で急に接続を頼まれた場合であっても

iPhoneに「Lightningケーブル」に差し込むだけで

「CarPlay」が接続できるのは非常に便利です。

 

 

それでは!!!

 

よろしければ【Br∞my_SHONAN】の

 InstagramYoutube も合わせてご覧くださいませ!!!

 

bromyshonan