Bromy’s愛車紹介「新型シボレー カマロ SS」編!!!

2018年2月15日Bromy Works





 

 

こんにちは

Kazumaです!!!

 

 

今回は

 

『Bromy’s愛車紹介

「SSカマロ」編!!!』

 

ということなので、

 

早速メンバーの車を

ご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

最初は

この一台.

 

 

 

 

 

 

 

Fujiの「シボレー カマロ SS」です!!!

 (CHEVROLET CAMARO SS)

 

 

言わずと知れた

アメリカの名車です。

 

 

カマロの歴史は半世紀

 

カマロの歴史は古く、

1967年に初代カマロが発売され、

それから48年の時を経て

現行の新型カマロ(第6世代)

に生まれ変わりました。

 

カマロの歴史は昨年2017年に

50周年を迎えていて、

半世紀もの間カマロの名が

絶えることはありませんでした。

 

それは第1世代から先代の第5世代

それぞれの個性や特徴が愛されている証拠で、

ここでカマロの歴史を語ると

この記事では収まらないので

またの機会にご紹介したいと思います。

 





 

デカいボディにV8エンジン。まさに「アメ車」!!

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが

次に「車体」をご紹介致します。

 

 

「アメ車」と言えば

 

持て余すほどのV8パワーとデカいボディ

 

ですよね!

 

 

 

 

Fujiのカマロは

アメ車の代名詞でもある

 

「V8エンジン」

 

を搭載しています。

 

 

このでかいボディにV8エンジンは

まさに

「マッスルカー」

という言葉がピッタリです。

 

※現行のカマロには「直列4気筒エンジン」のモデルもあります。





 

気になる燃費は?馬力やトルクも!

 

アメ車の魂とも称される

 

「V8エンジン」 

 

そんなこのエンジンから

繰り出される馬力は

 

「453馬力」

 

トルクは

 

「62.9kg・m」

 

とかなりな馬力とトルクです。

 

 

日本の街中では

全く必要のないスペックですが、

ガソリンを垂れ流しながら

走る感じはまさに快感です!

 

 

昨今は電気自動車なども出ていますが

アメ車のような車を手にして

「無駄を楽しむ」

というのも楽しいものです。

 

 

とは言っても注目するのは

やはり「燃費」です。

 

意外にも

Fujiの実走行平均燃費では

 

「5.6 km/l」

 

と昔に比べればかなり走りますね!笑

 

実はこのカマロ、

 

走行中にコンピュータが検知して

V8からV4にシフトするなど、

昔では考えられない機能も付いており

この低燃費?に貢献してくれています。

 





 

次回はカマロの内装編へ!!!

 

今回はFujiのカマロについて

少しだけご紹介させて頂きました。

次回は内装について

詳しくレビューしていきます!!!

 

 

 

 

それでは!!!

 

よろしければ【Br∞my_SHONAN】の

 InstagramYoutube も合わせてご覧くださいませ!!!

 

bromyshonanlogo