江ノ島おすすめ夜景スポット!!!

Bromy, Car, オススメスポット, カフェ, ドライブ, 湘南

 

 

こんにちは

Fujiです!!!

 

 

今回ご紹介するのは、

 

 

「江ノ島の夜景を一望出来るおすすめスポット!」

 

 

ということで、

 

江ノ島の夜景は、

季節を問わず綺麗なので

 

早速、

ご紹介していきます!

 

 

湘南の夜景を一望できる「江の島シーキャンドル」

 

 

「湘南」といえば「江ノ島」。

 

「江ノ島」といえば「展望台」。

 

 

と思う方が多いくらい

湘南・江ノ島のシンボルとして

親しまれているのが

 

「江の島シーキャンドル」です。

サムエルコッキング苑の中にありますので、そちらの入場料も必要です。

 

江の島シーキャンドルご利用料金

通常料金
  • 大人1名 500円
    (江の島サムエル・コッキング苑入苑料200円 + 江の島シーキャンドル昇塔料300円)
  • 小人1名 250円
    (江の島サムエル・コッキング苑入苑料100円 + 江の島シーキャンドル昇塔料150円)

     大人:中学生以上 小人:小学生

江の島サムエル・コッキング苑料金

通常料金
  • 大人1名 200円
  • 小人1名 100円

大人:中学生以上 小人:小学生

通常営業時間

江の島シーキャンドル
江の島サムエル・コッキング苑
9:00~20:00 (最終入場 19:30)

 

 

 

江ノ島

※134号線茅ヶ崎方面への道路からの景色

 

 

この写真に写っている江ノ島の

上にちょこんと出てるやつですね!

 

 

「江の島シーキャンドル」は、

茅ヶ崎のサザンビーチや

七里ガ浜、材木座といった遠くからでも

認識できるくらい存在感があります。

 

展望室は、

海抜101.5mあり

360度景色を楽しめる

オープンデッキもあるため

 

・富士山

・箱根

・丹沢の山々

・伊豆半島

・三浦半島

・横浜ランドマークタワー

・東京スカイツリー

 

といった、

 

「見たいものが全て見える」

 

と言ってもいいくらい

素敵な景色が隅々まで一望できます。

 

上で挙げたものは

日中に展望室から満喫できる景色なので

 

 

夜景は

コチラ

 

 

江ノ島の夜景

 

 

この写真の場所は、

 

「江の島シーキャンドル」の展望室から

神奈川県 国道134号線沿いを

見下ろした眺めです。

 

 

普段は

愛車に乗り走っている湘南の道ですが、

ちょっと視点を変えて眺めるだけで

別の楽しみ方ができます。

 

 

特に夕景、夜景の美しさには

地元の人やカップルなどに人気で

インスタグラム等のSNSを賑わせており、

 

2010年には、

第6回「日本夜景遺産」に認定されたそうです。

 

 

 

それくらい絶景であり

皆さんに愛されているということでしょう。

 

軽い登山?エスカーでらくらく到着も!

 

 

この「江の島シーキャンドル」

展望室まで行く方法は、

 

江ノ島の土産物店や飲食店が並ぶ参道を登り、

目の前の階段の多さを明るい笑顔で登りきり、

また階段を登り、、、

 

 

、、、

 

気づいた方も多いかもしれませんが、

江の島シーキャンドルまでの道のりは険しく

 

階段は、往復508段あり

これがまた結構急な階段なんです。。。

 

かなりいい運動になりますが、

約20分ほどかかってしまいます。

 

実は江の島に着いてから、

登る工程が多いのがこの島の特徴です。

 

そんなところに出来たのは

「江の島エスカー」です。

 

このエスカーというのは

江の島頂上まで行くことができる

屋外エスカレーターで、

わずか4分ほどで登頂することが出来ます。

 

エスカー通常料金・団体料金

江の島エスカー(全区間) 通常料金 - 大人 360円 小人 180円
団体料金 - 大人 220円 小人 110円
(20名様以上)
江の島エスカー(1区のみ)

– 江島神社辺津宮まで –

通常料金 - 大人 200円 小人 100円
江の島エスカー(2区・3区)

– 江島神社辺津宮~中津宮~江の島頂上部 –

通常料金 - 大人 180円 小人 90円
江の島エスカー(3区)

– 江島神社中津宮~江の島頂上部 –

通常料金 - 大人 100円 小人 50円

大人:中学生以上 小人:小学生

→「江ノ島エスカー」

 

 

Bromyスタッフの

Yoshikiは若くても階段を避け

エスカーを利用しているので

皆さんにオススメです。

 

もちろん妊婦の方や、足の悪い方

小さいお子様連れのご家族にも

楽々頂上まで辿り着けるこの方法は

オススメです。

 

実は歩けば隠れ絶景スポットも?!

 

「江の島エスカー」という

楽々頂上まで行ける方法をご紹介しましたが、

 

実は、

先ほども述べた歩いて登る道を行くと

江島神社辺津宮~中津宮~と抜けていきます。

その江島神社通りの石畳から少し外れて、

木々の間から顔を出すと、、、

 

 

 

江ノ島の夜景

 

こんな隠れた絶景を

堪能することもできます。

 

大変ですが、

歩いて登ると束の間の絶景も

楽しめるのでおすすめです!

 

 

ようやく江ノ島の頂上に到着!!!

 

 

念願の展望台はサムエル・コッキング苑の中!!!

 

 

頂上に到着すると、

待ち受けているのは

「江ノ島シーキャンドル」

ではなく、

 

「サムエル・コッキング苑」の入り口

 

です。

 

サムエル・コッキング苑

江ノ島シーキャンドルHPより引用

 

 

中には人気の日本初フレンチトースト専門店

「LONCAFE 江ノ島本店 」もあるので

歩き疲れた人はここで休憩するのがオススメです。

LONCAFE 江ノ島本店

 

 

というのは

「江ノ島シーキャンドル」(展望台)

この「サムエル・コッキング苑」の中にあるため

ここで入場料「大人1名200円」を支払い、

中に入ります。

 

 

 

~そして展望台へ~

 

ここからは

エレベーターなのでご安心ください。笑

 

 

エレベーターを出ると

 

360度ガラス張りになっていて

夜景が楽しめるのですぐに

足を止めがちですが、

 

通路を進むと外に出れる

オープンデッキがあるので

そこから見たほうが

夜景が綺麗なのでとてもオススメです。

 

それがコチラ

 

江ノ島の夜景

 

展望室の

オープンデッキは1周歩けるので、

歩いて頂くと、、、

 

国道134号線沿いの裏側にはなんと、、、

 

 

江ノ島の夜景

 

湘南の「海」「星空」「月」

神々しく待ち受けています

 

とても綺麗で

この眺めを初めて見たときは

息を飲んで見惚れてしまいました。

 

 

いつもとは違う視点で楽しむ湘南は
いかがでしたでしょうか?

 

また、江ノ島シーキャンドルでは

イルミネーションイベントなども開催されているので

後日BLOGでご紹介いたします。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介した

「江の島シーキャンドル」

いかがでしたでしょうか。

 

おすすめのデートプランとしては、

前回の記事でご紹介した

「江の島かもめ駐車場」に駐車してから、

「新江ノ島水族館」で湘南の景色と

お魚やイルカのショーを満喫した後に、

「江ノ島小屋」で新鮮なお魚を堪能し、

「江の島シーキャンドル」

夕日と夜景を見るプランがおすすめです。

 

江の島シーキャンドル
住所:神奈川県藤沢市江の島2丁目3-28
最寄駅:小田急片瀬江ノ島駅
定休日:なし

新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
最寄駅:小田急片瀬江ノ島駅
営業時間:3月~11月 9:00~17:00 ※GW、夏期以外
定休日:年中無休
利用料:大人 2,100円

LONCAFE(ロンカフェ)
住所:神奈川県藤沢市江の島2-3-38江の島サムエルコッキング苑内
最寄駅:小田急片瀬江ノ島駅
利用時間:月~金、11:00~20:00、土・日・祝10:00~20:00
定休日:不定休日あり

 

駐車場情報

「江の島かもめ駐車場」

営業時間 入庫:5:00〜21:30
駐車料金 最初の2時間 / 620円   2時間超え 30分毎 / 200円
当日最大料金 / 1,540円
7・8月 最初の2時間 / 820円2時間超え 30分毎 / 280円
当日最大料金 / 2,060円
駐車台数 普通車503台

→江の島かもめ駐車場 HP

→江の島かもめ駐車場へのアクセス

 

 

それでは!!!

 

よろしければ【Br∞my_SHONAN】の

 InstagramYoutube も合わせてご覧くださいませ!!!