青野原オートキャンプ場でキャンプデビュー

2018年2月11日BromyCars, キャンプ, ドライブ

Yoshikiです!!!

 

大学生活を残り半ばを迎え

愛車のロードスターを

乗り回して過ごす日々に

少しアクセントを加えるべく

「キャンプデビュー」しました!

 

ふもとっぱらキャンプ場

写真:ふもとっぱらキャンプ場にて

 

 

実は、キャンプデビュー自体は

5月に神奈川県相模原市にある

青野原オートキャンプ場で迎えました。

 

その時は、

初心者で経験もないのに初めて購入した

「Colemanのタフワイドドーム」というテントを

めっちゃちっさいランタンで

(もはやペンライト。)

 

照らしながら3時間かけて

汗だくになりながら

やっとの思いで設営したことを

鮮明に覚えています😂

(あの時のビールは最高に美味しかったです。)

 

 

青野原オートキャンプ場

 

 

これがキャンプデビューした時の写真です😂

 

青野原オートキャンプ場は、

キャンプサイトは予約不要で利用可能で

オートキャンプ場ということもあり

売店もあるため非常に

初心者でもキャンプをし易い環境でした。

 

トイレも清潔度は普通レベルで

利用することができました。

 

炊事場に関しては、

場内4か所設置されており

それぞれ蛇口の数は多いところと少ない場所があるので

場内についたらそこも確認してから

場所取りをしたほうがいいです。

 

施設利用料金に関しては、

 

大人2人、子供1人、

テント1張、タープ1張、

普通車1台を利用する場合の例↓

 

 

入場料(大人) 2人 1,000円 ■デイキャンプ(日帰り)の場合

 

2,700円■キャンプ(1泊2日)の場合

 

5,400円(日帰り料金の2倍)

入場料(子供) 1人 200円
駐車料(普通車) 1台 500円
テント 1張 500円
タープ 1張 500円

 

 

という感じで、

他のキャンプ場と比べると同じくらいか

若干安い程度だと思います。

 

ちなみに宿泊の場合のチェックイン等の時間は、

■チェックイン:午前8時  ■チェックアウト:翌日 午後5時

 

ですが、7時30分くらいから

受付してくれるときもあるそうです。

 

周辺施設については、

キャンプ場から真っ直ぐ行ったところに

セブンイレブンがあり足りなくなった薪などを

買い足すことができたりと便利でした。

 

他にも、入浴施設等も近くにあり

私は利用していませんが、ファミリーキャンプの方などには

便利なのではないかと思います。

 

今回、

青野原オートキャンプ場での

キャンプデビューについて書きましたが、

今思い返せばテーブルも無くて、

寝袋もなくってすごい苦労しました。。

それでも自然と向き合えることや

工夫して生活する・不便を楽しむというスタイルが

非常に自分の中で刺激的なもので楽しかったです。

 

そんなほろ苦い

キャンプデビューの思い出を今回書いてみました。

2018年はデイキャンプなどで

どんどんキャンプの楽しさや

キャンプという趣味を深めていきたいと思います。

 

またの機会に「ふもとっぱらキャンプ場」について書きたいと思います。

 

それでは!!!

 

是非お世話になっているアメ車庫にも

スタッフとして働いていますので、

ご来店くださいませ。

 

アメ車庫

 

よろしければ【Br∞my_SHONAN】の

 InstagramYoutube も合わせてご覧くださいませ!!!

 

bromyshonan